耐久価値の収益と資産配分

SD Capitalは、2020年に設立された日本の会社であり、マレーシアのRTグループ傘下に属しています。主に海外不動産事業、投資買収、不動産ファンド、ホテル不動産管理などの業務を専門としています。グループの本社はマレーシアのクアラルンプールにあり、SDCの運営本部は日本の大阪中央区にあります。

もっと詳しく知る

企業の強み

SD Capitalは、急速に成長する革新的な企業として、5つ独特な特徴を持っています。

多角的なサービスでお客様の合理的な投資戦略・計画策定を支援します

01. 投資買収

SD Capitalの主要業務の一つである投資買収。2022年には日本を投資の第一拠点とし、総投資額は1億6000万元に達しました。SD Capitalのチームは市場の洞察力に優れており、市場のトレンドを正確に判断し、潜在力のある投資プロジェクトを見つけることができます。プロジェクトの開発段階では、プロジェクトの進捗を効率的に管理し、計画通りに進行することを確保します。また、プロジェクトの投資リターンを正確に分析し、プロジェクトの財務的実現可能性を確保し、プロジェクトの品質を厳格に管理して投資リターンを効果的に高めます。SD Capitalのチームは、自社所有の土地のビジネスモデルと戦略方向をより良くコントロールし、将来の会社の発展と拡張に対してより大きな柔軟性を提供し、最適な開発結果を実現します。

02. 収益分配

SD Capitalは、業務運営で経済的利益を上げた後、一定の割合と方法で利益を投資家に分配します。私たちのチームは確固たる専門知識、優れた財務管理および計画能力を備えており、分配される収益を正確に計算し決定することができます。投資業務サービスでは、投資家の収益の安定性と安全性に非常に重視しています。すべてのプロジェクトの収益分配は、関連分野の専門家の立ち会いのもとで行われ、公平・公正の原則に従って収益分配の過程を公開透明に行い、投資家の収益を継続的に安定させ、法律による保護を受けることを確保します。

03.不動産ファンド

SD Capitalは、2024年にシンガポールのファンド会社と正式に提携し、自営の不動産ファンドを設立しました。同時に、従来の不動産投資とは異なる利益モデルを提供し、不動産投資の敷居を下げ、投資家に全方位的な投資機会と不動産投資の選択肢を提供します。中小投資家が比較的低い敷居で長期的かつ安全な資本成長を得ることを目的としています。

04.開発コンサルティング

SD Capitalは統合された企業として、プロフェッショナルな開発コンサルティングチームを持っています。チームは経験豊富な専門家で構成されており、海外不動産業界で広範な知識と実践経験を持っているため、顧客に最も専門的な投資アドバイスを提供することができます。

05.ホテルと民宿の運営

SD Capitalは統合された企業として、ホテルと民宿の運営管理も主要業務の一つです。チームは豊富な運営管理経験を持ち、企業サービスブランドを構築し、投資家に安心で信頼できる投資機会を提供することを目標としています。運営管理チームはホテルと民宿の運営の各方面に深く精通して

会社沿革

2019-2020

SDキャピタル設立

RTi(SDCの前身)が設立され、RTi天王寺(土地)およびSDC難波(土地)を買収。

2021

SDCグループ初のプロジェクト始動

日本関西の著名な建築会社(生和建設)にグループの最初のプロジェクトを委託し、2022年第3四半期に予定通り竣工。

2022

SDC は複数のプロジェクトのために土地を購入します

日本での投資を拡大し、開発用の土地を買収。総投資額はわずか3年間で1億6000万元に達する。

2023

SDC本部設立

サービス内容とチームをアップグレードし、SDC難波を自社所有のビルとして、日本の業務本部を設立。

2024

SDCが初のファンドを設立

構造再編を完了し、ホテル管理チームを買収、サービス内容をアップグレード。さらに、シンガポールのファンド会社と提携し、SDCの最初のファンドを設立。2024年から全面的な買収活動を開始。

基金の投資優位性

SDキャピタルの不動産ファンドは個人投資家でもご利用いただけます。機関投資家は優れた投資収益と優れた投資経験を実現します。

SD Capitalが設立したファンドは、投資家が比較的少額の投資額で不動産市場に参加することを許可し、より多くの投資家が不動産市場に参入する機会を提供します。同時に、不動産ファンドは安定性と長期的な成長の潜在力を持っています。不動産市場は通常比較的安定しており、賃貸収入と資本増価は通常投資家に安定した収益を提供することができます。

基金の投資優位性

01. 低リスク

不動産は通常、比較的安定した投資タイプと見なされています。株式やその他の投資ツールと比較して、不動産の価格変動は少ないです。

基金の投資優位性

02. 分散投資

少額の不動産ファンドに投資することで、投資家は複数の物件にリスクを分散することができます。投資家はすべての資金を単一の物件に投入する必要はなく、複数の物件に分散することで単一の物件から生じる可能性のあるリスクを低減します。

基金の投資優位性

03. 管理の簡便さ

投資家は物件の毎日の管理や維持に直接関与する必要はなく、管理業務をSD Capitalの専門運営管理部門に委ねることができます。これにより、物件が専門的に管理されることを確保します。

基金の投資優位性

04.安定収益の獲得

不動産市場は通常比較的安定しており、賃貸収入と資本増価は投資家に安定した収益を提供することができます。

ZH

/

JP

/

EN